児童くらぶ

児童くらぶはそろばん・書道などの総合おけいこ教室です。神奈川・東京・静岡を中心に展開しています。

本部

TEL.0120-415-202

〒236-0053 横浜市金沢区能見台通7-26 3F

02月

塾長通信№19~2020.1児童くらぶ通信より

あけましておめでとうございます。

2020年、オリンピックイヤーが始まりました。

「一年の計は元旦にあり」

今年の目標や今後の夢をあげた人も多いと思います。

 

今の子どもたちの「なりたい職業トップ3」はユーチューバー、eスポーツ選手、

ゲームクリエイターだそうです。時代を反映していますね。

 

最近では、スマホ・PCによって生活が便利になった反面、子どもたちを取り巻く環境、

特にSNSによる犯罪被害、ゲーム依存による健康被害をはじめ、コミュニケーション

能力の低下、視力・思考力の低下など多くの問題点が挙げられてきています。

教育現場を見てもかなり深刻な状況です。

 

かといって、スマホやゲームはやみくもに制限しても、親の目を盗んでやられては

管理のしようがありません。やはり、子どもたちにSNSの危険性、ゲーム依存症の

怖さなどを具体的にきちんと伝えて理解させる必要があります。

 

新年を迎えましたので、家族会議を開くなどして、スマホを使うときのルール、

ゲームやSNSをやる時の約束事等を今一度しっかり決めてみてはいかがでしょうか。

塾長通信№18~2019.10児童くらぶ通信より

ギャンブル依存症、アルコール依存症、薬物依存症などよく耳にすると思います。

ダメだとわかっていても、どうしてもやめられない。

最近ではゲーム依存症、スマホ依存症の子どもたちが増えているそうです。

その結果、ゲーム障害を発症するケースも多く深刻な問題となっています。

各種依存症の専門治療をしている久里浜医療センターでは、このところゲーム依存症の患者の

激増で外来予約がなかなか取れない状況だそうです。

 

ゲーム障害とは睡眠障害、視力低下をはじめ血流障害、栄養障害、筋肉減少などの身体的影響

だけでなく、精神面や脳への影響では、理性をつかさどる前頭前野の働きが低下することで、

攻撃性が高まったり、対人関係(人間関係)を悪化させてしまう可能性も懸念されています。

不登校や引きこもりの一因にもなっているかもしれません。

 

取り返しがつかなくなる前に、スマホやネットゲームの使用については家族みんなでルール

を決めて自制できるように、今一度、真剣に考えることが大切ではないでしょうか。